ごあいさつ

ブログ版トピックス

小宮山量平
プロフィール




ロシア企画室



理論社

童心ひとすじに
小宮山量平をおくる




若菜館

若菜館HP



小宮山量平の編集室
同胞[とも]よ 地は貧しい
われらは豊かな種子を 蒔かなければならない

ノヴアーリス




《編集者の部屋》とでも申すべきコーナーが生まれました。と言っても、15,000冊ほどの「本の置き場所」ができただけです。
 100冊×150人ほどの空間に、どんな本を、どんなふうに並べようかなどと、これからも二年ほどは考え考え楽しく遊ばせていただきたい。
 うるわしき五月となれば……と、毎年この季節にはハイネの詩を口ずさんで、馬齢を加えて、今年は89年目、来年が90歳です。
 どうやら息災の毎日、オープニングとか、開館とかは、とくに決めず面白くつづけられたら良いでしょうね。

 例えば、椋鳩十/庄野英二/今江祥智/灰谷健次郎/山中恒/いぬいとみこ/神沢利子/長新太/手塚治虫/倉本聰など10人のコレクションを中心に、こんな「遊び場」を創り成した人々のお祭りを時どき開きたいものです・・・・

 これは、2005年3月25日、Editor's Museumで開かれたあつまりで、小宮山が語ったことばです。
 ミュージアムは2005年7月にオープンし、以来多くの方たちが訪れてくださっています。
 どうぞ、信州上田のほうにお越しの節は、お気軽に足をお運びください。


















〒386-0025 長野県上田市天神1-6-1 若菜ビル3階
Editor's Museum 「小宮山量平の編集室」
0268−25−0826 (火曜日休館)
e-mail:


Copyright 2004 Riko Someya All Rights Reserved.